杉(すぎ) -Japanese Cedar- バスドラム

杉バスドラムイメージ

特徴

日本固有種で、国内で最も多く植林されている樹木です。
日本の杉は、同じ杉でもヒマラヤ杉や西洋杉とは遠く孤高な種です。
最も近い種は、大木になることで有名なセコイアだそうです。

middlecentre instrumentsのスギは栃木県佐野市仙波町付近で伐採されたもののみを使用し、社内で原木から製材しています。

バスドラム

ウッディで、中低域を中心にかたまり感のある太い音のモデルです。
柔らかめのアタック、サステインは短かめです。

アコースティック系の音楽や、太く柔らかいキックを求めるヒップホップ等に最適です。

デザイン

外観は黒を基調とし、フープやシェルのショルダーに朱色を採用しています。

※エッジとの段差部分

ギャラリー・ムービーは準備中です。

bdsg20210-22puh bdsg20210-22puh
杉20×21ブロック
ギャラリー表示 (3)
試奏ムービー (0)

サイズ・仕様

杉(すぎ)バスドラム単体では定型サイズがありません。全て受注生産となります。

※ドラムキット用バスドラムには定型サイズがあります

口径

18・20・22インチが基本サイズです。
24インチ以上も制作可能です。

16インチ以下はタムとして扱っています。

深さ

10〜24インチまで対応しています。
範囲外のサイズについてはお問い合わせください。

厚さ

heavy(30mm以上)が基本です。
口径が大きくなるほど厚くなります。