シェル

シェル素材 - Material -

middlecentre instrumentsのシェルは日本固有木材・日本産の木材でできています。

針葉樹

杉・檜(ひのき)・松等の、一般的には建材として使用される事が多い木材です。
縦方向の剛性がある反面、横方向(ドラムでは直径方向)では脆い傾向があります。
中低域が重要なタムやバスドラムに向きます。
海外ではスプルース・パイン・ファー・シダーが代表的な広葉樹です。

針葉樹イメージ

広葉樹

広葉樹は、ドラムシェル材として一般的です。
ドラムシェル材として有名なメイプル・バーチ・ビーチ・オークは全て広葉樹です。
日本では桜・欅(けやき)・栗・樫(かし)・柿・楓(かえで=メイプル)・樺(かば=バーチ)・栃・桂等々、多彩過ぎるほどの種類があります。

広葉樹イメージ

その他

その他に分類されるのは、生きる化石と言われる銀杏と竹です。
銀杏は針葉樹と広葉樹が分かれる前の樹木です。
竹は樹木ではないので、「その他」です。

ブロック構造 - Block Stave -

middlecentre instrumentsのドラムは、主にブロック構造を採用しています。

ブロック構造の利点

ブロック構造では、原木が太くない材でもドラムを作る事ができます。

剛性

スチームベンドより剛性が高く、くり抜きよりも若干劣ります。
剛性が高くなる反面、弾力には劣りますが、middlecentre instrumentsは「ドラムシェルの弾力は重要ではない」という考え方です。

ブロック構造イメージ

くり抜き構造 - hollow -

適した原木がある場合のみ製造しています。

くり抜き構造の利点

1本の木をくり抜くため、シェル剛性も高く均一で、ストレートな音を持ちます。
ただ、材質によっては経年で真円率が低くなる事があります。

シェル剛性

シェルはヘッドの振動を支えるもので、それ自体が鳴るものではありません。
「シェルが鳴ってしまう=ヘッドの振動を支え切れていない」という事なのです。

ではなぜシェル材によって音が違うのか??
ヘッドはシェルのエッジ・ラグ・テンションボルト・フープに支えられて鳴ります。
全てシェルに支えられて振動するため、シェルの振動特性がヘッドの音成分となるわけです。
もちろんテンションボルト・ラグ・フープの振動特性も、ヘッドの音成分に混ざります。

middlecentre instrumentsのシェルは剛性を重要視して設計されています。

直径方向の剛性

直径方向の剛性が十分にないと、アタックが歪みます。
この歪みが魅力になる場合もありますが、シェル材やヘッド等の良さが出せないシェルになります。
この剛性が高いシェルは素直でクリーンなアタックを持ちます。

縦(深さ)方向の剛性

縦方向の剛性はサステインに影響を与えます。
剛性が高いほどサステインが伸び、シェル材等の持つ音特性の違いが出ます。
サステインが長いほど良いというものではありませんが、長い分にはミュート等で短くできます。

エッジ - The Edge -

エッジはドラムシェルで最も重要な部分だと言われます。
しかし音量・アタック・サステインに影響がありますが、音質までエッジで変化するものではありません。

形状

middlecentre instrumentsのドラムエッジは、空気の流れをスムースにするように3次曲面になっています。
エッジの終わり(中心側)をシェル内面と滑らかに繋ぐ事で、空気の渦を極力減らすためです。
この形状によって音量が大きく、自然なサステインを実現しています。

エッジ形状イメージ

エッジとは?

例えばブロック構造にて、エッジさえ正常であればブロックパネルが接着されていなくても音には影響しないのです。
日本の桶胴太鼓では、接着せずに「たが」で締めただけのものもあります。

サウンドホール

middlecentre instrumentsのドラムにはサウンドホールがありません。

サウンドホールを空けない理由

サウンドホールはシェル内部の空気を逃がします。
それによって上下ヘッドの空気による伝達が弱くなり、良くも悪くもそれぞれが自由に振動するようになります。
それによってサステインが伸びるようになる反面、アタック直後の音が細くなる傾向にあります。

middlecentre instrumentsではその効果は必要ないと考えています。
サウンドホールがない事により、小口径や浅いシェルでも太く大きく密度のある音を実現しています。