middlecentre instruments トップページ

新着情報

middlecentre instruments

middlecentre instrumentsのドラムシェル・フープは日本国産材で作られています。※一部を除く
金属パーツも独自設計&middlecentre instruments製です。
ヘッドは日本唯一のヘッドメーカーである「aspr(アサプラ)」社のヘッドのみを採用しています。

スネア

ブロックステーヴを基本構造としています。※くり抜きは適した材がある場合のみ制作します
詳しくはスネアページをご覧ください。

ドラムキット

ブロックステーヴを基本構造としています。※くり抜きは適した材がある場合のみ制作します
詳しくはドラムキットページをご覧ください。

和太鼓

胴のみ制作しています。
桶胴と締のみで、長胴は制作していません。
基本はブロックステーヴ(桶構造)ですが、適した材があった場合はくり抜きも可能です。
極めて特殊な材や構造の胴も承っています。
詳しくは和太鼓ページをご覧ください。

アクセサリー

ドラムや和太鼓に関わるパーツ・アクセサリーを制作しています。
詳しくはアクセサリーページをご覧ください。

素材

middlecentre instrumentsは国産の木材を主に使用しています。
ヒノキ・杉・桜(染井吉野・八重桜)・栗・ケヤキ・樫等の良く知られている材だけでなく、 梅&李(すもも)&桃・柿・銀杏・椿&山茶花(さざんか)・金木犀(きんもくせい)・銀木犀(ぎんもくせい)・槐(えんじゅ)・枇杷(びわ)・ 桑・唐松・ヒバ・山桜・柚(ゆず)・柏・孟宗竹(もうそうちく)・楓(かえで=Japanese Maple)、ユズリハ等の レア材も扱っています。
国産材以外では例外的に、極めて特殊な音響特性を持つアフリカンパドゥックだけ採用しています。
詳しくは素材ページをご覧ください。

構造

ブロックステーヴ構造を基本としています。
middlecentre instrumentsの考え方は極めて特殊かもしれません。
詳しくは構造ページをご覧ください。

メディア

試奏映像、middlecentre instrumentsの楽器を使った作品等を掲載しています。

オーダー

middlecentre instrumentsの楽器は全てフルオーダーとなっています。
オーダーシステムは準備中です。まずはお問い合わせください。

middlcentre instrumentsについて|お問い合わせ

より詳細なmiddlecentre instrumentsの情報、お問い合わせ、Q&A、パートナー、弊社ショールーム情報等々はこちらから。