middlecentre instruments トップページ

和太鼓イメージ画像

和太鼓Taiko

桶胴太鼓と締太鼓の胴を制作しています。
伝統的な材や構造は参考にとどめ、middlecentre instruments特有の材と構造で制作しています。
また、近年国産材を使用していない和太鼓が多い中、国産材および日本固有の木材のみを使用しています。

桶胴太鼓

一般的な桶胴太鼓は胴が軽く剛性が弱いため音が歪みます。
奏者や近い聴者にとっては迫力のある音が生み出されますが、音が遠くまで届きません。

middlecentre instrumentsの桶の胴構造はドラムと同様に剛性を重視しています。
一般的に10mm厚以下の杉材で作られるところを、より硬く重い材を最大40mm近い厚さで制作します。※1
その高い剛性によって音が遠くまでクリアに届く反面、重いために担ぎでの演奏には適していません。
また、構造上「たが」は必要ないため採用していません。※1

締太鼓

middlecentre instrumentsは国産材のくり抜き、または桶構造(ブロックステーヴ)にて締太鼓の胴を制作しています。
伝統的&トラディショナルな締太鼓や桶胴太鼓をお求めの場合は他社へご相談ください。
middlecentre instrumentsは良い伝統を引き継ぎ、膠着してしまった伝統は再考します。※3
日本の木材で良い音の太鼓を作ります。 構造ページ→

皮の制作は行っておりません。他社からお買い求めください。

middlecentre instrumentsはドラム用のウッドフープを制作しています。
和太鼓用のウッドフープも受注しています。
平成30年3月現在、桶胴用のウッドフープを開発中です。
これにより、一般的なドラムヘッドを桶胴で使用することができるようになります。※2 ウッドフープページ→

  1. ※1 : 杉材による10mm以下の桶胴は承っていません。タガも同様です。多角形かつ20mm厚以上の胴をご相談ください。
  2. ※2 : 歌口の口径によってはフィルム系のドラムヘッドが適さない場合があります。繊維系のアサプラ社「SL head」をお薦めしています。
  3. ※3 : 全ての伝統に意味があります。とはいえ、生育が早く手に入りやすく、硬いが故に使われてきた欅だけを太鼓材とするのは論理的ではないと考えています。良い音の材はたくさんあります。