middlecentre instruments トップページ

drumkitイメージ画像

タムtom

middlecentre instrumentsのタム・フロアタムは、国産材シェル・国産材ウッドフープ・オリジナル設計の金属パーツ・ asprヘッド、ブロックステーヴ構造を基本として成り立っています。
材についてはmaterial(素材)ページを、 パーツ及びブロックステーヴ構造についてはstructure(構造)ページを、 asprヘッドは株式会社アサプラHPをご覧ください。

サイズ

口径は奇数インチ(11・13・15)を基本としています。
深さは自由にオーダー可能ですが、バスドラムサイズを基準とした計算値による適正サイズをご案内しています。※1
タムスネア(ストレイナー付きタム)も可能です。※2

シェル材

基本はヒノキもしくは杉材です。
桜(染井吉野)・ヒバ・ケヤキ、その他の材も在庫材のサイズや量によって制作可能です。※3 素材ページ→

フープ

ウッドフープが標準です。
シェル材と同じ材のウッドフープをお勧めしています。
詳しくはウッドフープページをご覧ください。 ウッドフープ詳細ページ→

ラグ

2種類のラグを用意しています。

ワイヤーラグ

ワイヤーでシェルと繋がっている、middlecentre独自のラグです。
和太鼓のような音程変化があり、極めてオープンな鳴りが特長です。
Jazzやアコースティックな音楽に向いています。

モダンラグ

ラグとシェルはシャフトで繋がっています。
シャフトはシェルに引っかかっているだけで固定されていないので、音響特性は一般的なラグとは異なりオープンです。
こちらもmiddlecentre独自構造のラグです。
音程特性はフラットで、一般的なラグと同様です。 アクセサリー・パーツページ→

構造

ブロックステーヴ構造が基本です。※4 ブロックステーヴ構造ページ→

マウント

タム・フロアタム本体にはマウントするためのパーツはありません。
その代わり、テンションロッドに装着するマウントを用意しています。
タムの場合はLロッド(9.5mm〜12.7mm径)対応のマウント、フロアタムの場合はレッグを固定するマウントを用意しています。
詳しくはこちら

その構造によって、タムもフロアタムに、フロアタムもタムになります。また、スネアもタムマウントできます。 タムマウント関連ページ→

  1. ※1 : 他社ドラムとの混成キットでは正確な値になりませんので、ご相談ください。
  2. ※2 : 主に口径11インチが対象です。口径が偶数インチ(10・12・14)をご希望の場合はスネアページをご参照ください。
  3. ※3 : 特に深いシェルの場合、杉・ヒノキ以外の材は大幅に価格が上がってしまいます。ご了承ください。
  4. ※4 : 適した在庫材があった場合のみ、くり抜きシェルにも対応しています。