middlecentre instruments トップページ

snareイメージ画像

スネアsnare

middlecentre instrumentsのスネアは、国産材シェル・国産材ウッドフープ・オリジナル設計の削り出し金属パーツ・ asprヘッド、ブロックステーヴ構造を基本として成り立っています。 ※1
材についてはmaterial(素材)ページを、 パーツ及びブロックステーヴ構造についてはstructure(構造)ページを、 asprヘッドは株式会社アサプラ Webサイトをご覧ください。

サイズ

14・12・10インチ口径を基本として、15インチ口径はピッコロ(深さ2.5インチ)のみです。
15インチ以外は深さ5・5.75・6.5インチが標準です。
その他サイズもオプションで制作可能です。
詳しくはオーダーページをご覧ください。 オーダーページ→

特徴

金属パーツ類(ラグ・ストレイナー)を極力小さくし、ウッドフープを採用する事で、木の音そのものを追求しています。
シェルは20mm〜50mmの厚み※2があり、ヘッドやフープの振動を確実に支る強度・剛性があるために音に歪みが生じません。
ウッドフープは35mm前後の厚みを持つ3ply構造※3で、高い強度を持ちます。

ウッド構成

ストレイナーとラグ以外はウッドで構成されているため、「倍音が乏しくアタックも遅く音が前に出ないのでは?」と思われるかもしれません。
シェルやウッドフープの剛性を高く保ち、必要な場所に硬度の高い材を用いる事によって、豊かでナチュラルな倍音とアタックの速さを実現しています。

ウッドフープ

厚さ35mmのウッドフープを標準採用しています。※4
ドラムにおいて鳴るのはヘッドとフープです。歪まず美しい倍音を得るため、ウッドフープの剛性と響きを重要視しています。
このウッドフープはリムショットの音量があり、材ごとの特徴のある倍音を実現します。
ウッドフープの詳細についてはウッドフープページをご覧ください。 ウッドフープページ→

  1. ※1 : 一部外国産材(アフリカンパドゥック)を扱っています。ブロックステーヴ以外にも材次第でくり抜きも可能です。
  2. ※2 : シェル厚は材によって調整しています。柔らかい材(杉など)は厚くなります。
  3. ※3 : ウッドフープの厚さは材の強度によって変わります。柔らかい材(杉や銀杏など)は厚くなります。
  4. ※4 : 在庫限りでスチールプレスフープ(1.6・2.3・3.0mm厚)も標準装着可能です。